コンタクトには寿命はあるの?

コンタクトレンズを使用しているけれど、どのくらいもつものなのか、耐用年数が気になることもあるのではないでしょうか。
実際にコンタクトには寿命というものがあるものなのでしょうか。
少し考えていきましょう。

コンタクトの寿命とは

目の状態や取扱の仕方により、個人差が出てきます。
そのため、コンタクトは何年が寿命というようには言い切れないのです。
一般的に言うと、ハードの場合は2〜3年ぐらいと言われています。
そして、ソフトの場合は1〜2年でしょう。
あくまでも目安ですので、この辺りは個人差が大きいです。

使えなくなる理由について

使用していたコンタクトが使えなくなる理由は様々です。
例えば傷が付いてしまったということや、破損することもあるでしょう。
汚れがひどい場合にも、使用出来なくなるようなこともあるのです。
大切に丁寧に使用することにより、長持ちするというようにも言われています。
それはどのようなものに対しても、本来言えることですよね。

メンテナンスをしっかりすること

長く使用したいと思うのであれば、コンタクトレンズのメンテナンスやケアをしっかりと行うことが重要になってきます。
でも、これが面倒だと思う人も多いですよね。
そういう人の場合は使い捨てコンタクトの方が向いているかもしれません。
日々のケアを面倒と思わずに、習慣づけられる人ならば、コンタクトレンズは長く持つことも期待出来るでしょう。
経済的な面から考えると、出来るだけ長く使いたいというのが本音ではないでしょうか。

ケアの仕方をよく知ろう

ケアの仕方をしっかりとマスターすることが必要です。
それが出来れば、長く同じコンタクトレンズを使用出来る確率はかなり高くなるでしょう。
それぞれのコンタクトに合うケアをしていきたいですね。
コンタクトレンズを使用するのには、年齢制限があるのでは?と思う人もいます。
確かに高齢の方はメガネをかけているイメージが多いですよね。
コンタクトをしている高齢の方を、あまり見ることがないように思うこともあるでしょう。

コンタクトの年齢制限について

本来はコンタクトレンズに対しては年齢制限はありません。
つまりは、何歳でもコンタクトを使用することが可能ということになるでしょう。
でも、コンタクトレンズのつけはずしが出来なかったり、レンズのケアの仕方が分からないということになると、コンタクトを使用することが出来ないことになります。
これは高齢だからというわけではなくて、若い人でも同じことが言えるでしょう。

定期的な検査が必要

hytjytd
コンタクトを使用している人は、定期的に検査を受ける必要があります。
そのため、その検査に行くことが出来ない、行くのが面倒というようなことになると、コンタクトを使用することが難しくなってしまうのです。
つけはずしがある程度ちゃんと出来て、コンタクトのケアをすることが出来ることに加えて、定期的な検査に行けることが重要なことになってきます。

自分一人では不可能な場合

でも例えば自分でコンタクトレンズのつけはずしが出来ないという高齢の方については、家族の方がそれをフォローすることが出来れば、コンタクトを使用することは可能になるのです。
そして眼科でつけはずしについて教えてもらうというような方法もあります。
一人で出来ないから無理と諦めてしまわずに、家族や眼科にフォローをしてもらえれば、使用出来ることになります。

お洒落を楽しむために

普段からいつもメガネをかけている人にとって、コンタクトを装着することにより、お洒落の幅が広がります。
メガネよりも、自分に合う!と思うことも多いかもしれません。

更新情報